ただいま地域限定楽器回収強化キャンペーン中!!
      
パソコン回収.comのfacebook

無料でパソコン回収してくれる会社の工場に潜入したら、よだれが出たの巻

世の中には不要な家電製品などを無料で引き取ると見せかけて高い料金を請求するという、詐欺のような行為が存在する。だから「こちらは、廃品回収車です」とスピーカーを鳴らしながら回ってくる軽トラックはうかつに声をかけないほうがいいようだ。  だけど、古くなったテレビやパソコンは捨てるのにもお金がかかる。しかも4000円とか5000円とか結構高い。だから、先述のような行為がまかり通るわけなのだが……。
“簡単”、“安全”、“タダ”といった言葉が並ぶ。……なんか、あやしい。一瞬「ん? これは大丈夫なのか?」と思ってしまったのも無理はないだろう。そこで、取材を申し込んだところ、株式会社アールキューブの松永康利社長に話をうかがうことができた。  結論から言えば、本当に無料だし、あやしくないし、大丈夫。まぁ、考えてみれば週アスにあやしい広告が載ったりするワケがないのだ。
松永社長によると、『パソコン回収.com』(関連サイト)では、たんにパソコンの回収が無料なだけでなく、送料や、家まで引き取りにいく費用も無料なのだとか。  その理由は、“ちゃんとそれで利益が出ているから”。つまり、当たり前なのだが、送料などを負担しても商売として成り立っているということ。
 では、収入源は何か?
 2つある。ひとつは、回収したパソコンを資材としてリサイクルする。パソコンの中にあるレアメタルや銅、プラスチックなどを専門業者に売る。なかでも金は、古いパーツのほうが多く含まれているため、古いパソコンのほうがうれしいそうだ。

続きを見る

PC「無料処分」の謎に迫る データ消去は大丈夫?行き先は?

パソコンを新調するとき、面倒なのがこれまで使っていたマシンの処分だ。いわば個人情報の塊の上、リサイクルが義務付けられているため普通にゴミとして出すこともできない。
 そんな中、このところ「パソコンの処分、『無料』で請け負います」という回収会社の動きが目立ってきた。業者によっては、送料も着払いとし、まさに「完全無料」をうたうところも少なくない。場合によっては1台当たり数千円がかかる回収を、なぜ無料でまかなえるのか。そして、気になるデータはきちんと守られるのか。

  「資源の有効な利用の促進に関する法律(通称パソコンリサイクル法)」に従い、パソコンメーカーは自ら販売した製品は、基本的に無料で回収に応じている。ただあくまで回収義務があるのは自社の製品のみであるため、たとえばディスプレーと本体が別メーカーの場合、それぞれのメーカーに回収を依頼しなくてはいけない。また制度上、古い製品や自作パソコンの場合、1台3000~4000円前後の費用がかかってしまう。
 こうした手間や費用の節約をうたうのが、上記のような回収業者だ。
 たとえば「いっとく」(東京・八王子市)が運営する「パソコンリサイクルセンター」は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶モニターについては、一定の条件さえ満たせば古い製品、壊れた製品でも、料金着払い・無料で引き取るサービスを行っている。条件を満たさない関連製品も、送料は利用者負担だが処分自体は無料に設定されている。今回話を聞いたいくつかの業者も、基本的に同様の仕組みを取っていた。
 では、回収されたパソコンはどのように利用されるのか。

続きを見る